本文へスキップ

福祉住環境コーディネーターの資格を取ろう!

福祉住環境コーディネーター 合格

リンクについて

福祉住環境コーディネーター1級/福祉住環境コーディネーター 資格取得

福祉住環境コーディネーター1級


■基準

3級・2級で得た知識をもとに、新築や住宅改修の具体的なプランニングができ、さらに安全で快適なまちづくりへの参画など、幅広い活動ができる能力を求めます。

個々の住まいにとどまらず、買い物や散歩などに出かける日常生活圏全般に、また住宅として位置付けるべき社会福祉施設(ケアハウスやグループホームなどの住関連施設)までも視野に入れた住環境整備に係わる知識・技能を有していること。



■出題範囲と合格基準

●マークシート方式試験
1級公式テキスト(改訂版)に該当する知識と、それを理解した上での応用力を問います。
 

◆マークシート方式
◆制限時間はマークシート方式(前半)2時間・記述式(後半)2時間
◆マークシート方式・記述式各100点満点とし、それぞれ各70点以上をもって合格とします
◆2級に合格されていることが条件です

●記述式試験
実務能力(課題に対する提案力)などの、実践力、応用力、総合的判断力を問います。

◆出題範囲

1.福祉社会に向けての住環境整備の必要性
2.福祉住環境コーディネーター1級の役割
3.地域で支える高齢者ケア
4.地域で支える障害者ケア
5.地域福祉の推進と福祉のコミュニティづくり
6.福祉のコミュニティづくり
7.ユニバーサルデザインの概念および沿革
8.ユニバーサル環境の整備手法
9.高齢者・要介護者向け住宅・施設の流れ
10.高齢者向け居住施設の種類と機能
11.障害者向け住宅および施設の種類と機能




福祉住環境コーディネーター講座

福祉住環境コーディネーター2級講座   
6ヵ月の学習で2級・3級の合格を一気に目指せる!

福祉資格としては珍しく、受験資格がないのでどなたでも目指せます。










通信講座 福祉住環境コーディネーター