本文へスキップ

福祉住環境コーディネーターの資格を取ろう!

福祉住環境コーディネーター 合格

リンクについて

福祉住環境コーディネーター2級/福祉住環境コーディネーター 資格取得

福祉住環境コーディネーター2級


■基準

3級レベルの知識に加え、福祉と住環境等の知識を実務に活かすために、幅広く確実な知識を身につけます。

また、各専門職と連携して具体的な解決策を提案できる能力を求めます。

介護、医療、福祉、建築、福祉用具に関する専門の知識を身につけ、それらを適用できるまで深く理解していること。

福祉住環境に関する様々な問題点を抽出でき、クライアントのニーズ、経済的状況、福祉制度、建築による対応、福祉用具による対応等を総合的に勘案し、各専門職と連携し最適な解決策を提案できる知識・技能を有していること。



■出題範囲と合格基準

◆2級公式テキスト(改訂版)の本編(第1章~第6章まで)の知識と、それを理解した上での応用力を問います。

◆マークシート方式

◆制限時間は2時間

◆100点満点とし、70点以上をもって合格とします

◆出題範囲
1.高齢者・障害者を取り巻く社会状況と住環境
2.福祉住環境コーディネーターの役割と機能
3.障害のとらえ方
4.リハビリテーションと自立支援
5.高齢者・障害者の心身の特性
6.在宅介護での自立支援のあり方
7.高齢者に多い疾患別にみた福祉住環境整備
8.障害別にみた福祉住環境整備
9.福祉住環境整備とケアマネジメント
10.福祉住環境整備の進め方
11.福祉住環境整備関連職への理解と連携
12.相談援助の実践的な進め方
13.福祉住環境整備の共通基本技術
14.生活行為別福祉住環境整備の手法
15.福祉住環境整備の実践に必要な基礎知識
16.福祉用具の意味と適用
17.生活行為別にみた福祉用具の活用




福祉住環境コーディネーター講座

福祉住環境コーディネーター2級講座   
6ヵ月の学習で2級・3級の合格を一気に目指せる!

福祉資格としては珍しく、受験資格がないのでどなたでも目指せます。










通信講座 福祉住環境コーディネーター