本文へスキップ

福祉住環境コーディネーターの資格を取ろう!

福祉住環境コーディネーター 合格

リンクについて

福祉住環境コーディネーター 資格取得

福祉住環境コーディネーター


日本に高齢化社会が到来して、今後さらに高齢化が進むといわれていますが、昭和60(1985)年には10.3%であった高齢化率が、平成2(1990)年に12.0%、平成7(1995)年には14.5%となり、平成12(2000)年には17.4%となっています。

今後、高齢化率はさらに高まり、平成17(2005)年に20.2%、平成22(2010)年には23.1%、平成32(2020)年には29.2%となることが予想されています。

そんな高齢社会を迎え、多くの人が住み慣れた住宅、住み慣れた地域で「自分らしい暮らし」をしていきたいと考えています。

在宅介護における、住宅内事故を防ぐためにも、住環境の整備が大きな課題となっています。

介護を必要とする人々は、自立生活に何らかの障害を持ち、特に移動動作に障害が多いです。

日本家屋は、段差が多いことや、車いすでの室内移動ができるほど十分な面積がないため効果が発揮できない場合などがあり、生活しづらい環境が多いです。

特に高齢に伴う身体機能の低下が著しくなると和式の生活様式では生活動作の維持・自立が難しくなってきます。

要介護者の自立を促し、福祉用具の効果が十分発揮できるような住環境を整備して、介護者負担の軽減に努める必要があります。

住み慣れた自宅にいかに永く快適に住み続けるか。

住宅のハード面の長寿命化が進む中、変化する人のくらしと住宅をいかにフィットさせるか。

これは健常な家族はもちろん、自宅でこそ自分らしく過ごせるという高齢者の想いに応え、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上からも、ソフト面の充実が大変重要になっています。



福祉住環境コーディネーター講座

福祉住環境コーディネーター2級講座   
6ヵ月の学習で2級・3級の合格を一気に目指せる!

福祉資格としては珍しく、受験資格がないのでどなたでも目指せます。










通信講座 福祉住環境コーディネーター